故翁長沖縄県知事、私の尊敬する政治家になりました

「知事に就任されて真っ先に、こどもの貧困をなくす取組みを精力的に始められました。フットワークがよくて職員はついていくのに必死です。その為にも沖縄経済を強くする必要をいつも言っています」

これは2年前の夏の全国地方議員交流会の時に、沖縄県の職員さんからお聞きした翁長知事の人物像です。沖縄県が全国に先駆けて作成した「子どもの貧困対策」を学ぶために担当課の方を招聘した時に、皆さんの前で語った言葉です。

自らは自民党員だとのことですが、「オール沖縄で国と向き合わなければ解決しない」とその先頭にたちました。

いろんな意見の違いを乗り越えて大同団結しなければ勝利しない、このことを命を懸けて有言実行しようとした偉大な政治家です。

心に強く残った、忘れてはいけない言葉(新聞に掲載されたご家族への言葉)

「同じウチナーチュが一生懸命考えて下した決断だから、悲しんだり恨んだりするな、僕が闘っているのはその後ろにいる人たちだから」