松尾ゆり

2012年4月

 寒い寒い3月でしたね。3月議会が2月22日から始まったので、1ヶ月だったのですがとても長く感じました。

半月以上遅れて国分の天神さんの梅も満開になりました

3月議会 予算について熱い議論

 予算議会だったので、会派でいろいろ議論しました。

【1】 特に中学校給食開始に向けての予算では、意見が分かれましたが、納得のいくまで話し合いました。私は長い年月をかけてきた中学校給食の実現は、まったなしと考えていたので、賛成をしました。

 一昨年保護者の皆さんから18,000筆以上の署名が届けられ、
 (1)早期実現、(2)地産地消の推進、(3)直営方式との3項目の要望でした。
 この要望にそって実現することが重要だと考えたからです。

【2】 税制改正するための条例改正には、3人が反対をしました。これは震災復興の目的のために平成26年~平成35年までの10年間、住民税(市・県民税)を各々500円ず つアップするという増税が含まれています。

 市民税は年間5,000万円になり、鈴鹿市の防災・減災目的の事業に使うことになるということです。国は地方の防災・減災に金は出したがらず、自分でできる範囲は自分でしろと言うわけです。消費税増税も導入されたら、市民の暮らしはどうなるのか想像がつきます。

野辺町のふれあい祭りで防災訓練がありました
友だちがたけのこをたくさん届けてくれました