松尾ゆり

2013年5月

 4月下旬から5月連休と慌ただしく過ぎて行きましたが、連休中に木田町と国分町の運動会がありました。古くからお世話になっている方や、小学生連れの息子の同級生や、よちよちと可愛く歩く赤ちゃんを連れた知人の娘さんにも何人か会いました。また友だちにもたくさん会い、おばさんトークで盛り上がり半日以上楽しく遊んできました。どこに出かけると言う計画もない連休でしたが、のんびり楽しめた休日でした。

板倉みさお
板倉みさお

やっぱ、給料が上がる政治じゃなかったみたい!

アベノミクスで日本はよくなるぞと、新聞もテレビのニュースも大合唱しとるけど儲かってるのは輸出大企業だけみたいや。「儲かって更に内部留保が増えました」とトヨタやパナソニックなどの社長が言ってるが、どうも儲けは設備投資のために取っておくらしい。

 国が金融緩和してジャブジャブお金を出したのも、私らの為じゃなく大企業のためだった訳だ。そのうち良くなると言うけど、企業がこの先の為に儲けを貯めておくのやから給料が上がるはずが無いと言うことになる。

どこに隠れとったんか、日本の恥みたいな政治家がいっぱい出てきた!

 東京へのオリンピック招致もあやしくなった猪瀬東京都知事の他国を侮辱した発言、オリンピック精神を否定するものだそうだ。自民党の高市政調会長ともあろう公人が、過去の植民地支配と侵略を謝罪した「村山談話」を否定するような発言をした。これは中国、韓国を始めとするアジアの国々に対する侮辱とその国々の国民の尊厳を否定するだけやなく、全世界の国々から日本の国としての存在をも問われかねないものだ。

 もう穴があったら入りたい、日本人であることが恥ずかしいと多くの国民が思ったに違いない橋下大阪市長の発言だ。「従軍慰安婦必要だった」の発言は「女性は軍隊の規律を保つための道具だ」と言ってるのに等しい。この発言もアジアの国々への冒?であり、全世界の女性の人権、尊厳を全否定するもので国連の女性差別撤廃委員会から非難される内容だ。

板倉みさお

どうして?と考えることが大切や

 昨年の衆議院選挙で政権交代があり、安部内閣誕生以来、人権・人間の尊厳を平気で侵す政治家が特に目立つようになった。憲法を変えたいと強く願っている人たちに共通していることが恐ろしいし、気いつけないととんでもないことになるかもしれない。