松尾ゆり

2013年9月

「どうなってんのよ、この国は」と叫びたいこと

【その1】

 連日のオリンピックのニュースに素直に喜べないでいます。もちろん2020年が楽しみなアスリートがいないわけではありませんし、新しい時代を切り拓こうとアスリート人生をかけて改革の狼煙を上げた、女性柔道家の活躍は最も楽しみの一つです。

 でも福島第一原発の汚染水問題で「状況はコントロールされている」と国際社会に向けて言い切った安部首相の言葉に凍りつきました。それも招致のプレゼンテーションで。

 そして、先日お会いした福島県議の西丸さんが「怖くてしかたが無い、何も変わらず、忘れられていくのではないかと・・」と話されていたことを確認した日本の首相の言葉でもありました。お願いだから「7年後のオリンピックに向けてもう動き出しています」と明るく元気にブラウン管の向こうから呼び掛けるのはやめて下さい。福島も岩手も宮城も動き出したとすら言えないのですから。

【その2】

 「こんに暑い夏はかって経験したことが無い」と、誰もが言い合った今年の夏でした。でもほんとに不思議だったのは原発が動いて無いのに「電力が足らん、えらいこっちゃ」と誰も言わなかったこと。テレビのニュースにもならず、新聞にも載りませんでした。

 去年テレビや新聞で「原発が止まったら電力不足で日本は大変なことになる」と、連日大騒ぎした学者は全部嘘つきだったことになります。「出て来てあやまれ」と叫びたいが、テレビも新聞も、本当のことは半分も伝えてないと再確認できたと考え怒りを鎮めるしかありませんね。

二つの貴重な視察(研修会)ができ実りの多い月でした。

◆第5回生活保護問題議員研修会
「岐路に立つ生活保護・どう変わるか、どう変えるか」 8月/23~24日
◆第11回全国地方議員交流会
8月/27~29日

【第11回地方議員交流会のご報告】

板倉みさお

1日目 講演と基調提案
講演1「辺野古への新基地建設反対は市民の総意」 名護市長・稲嶺 進氏
講演2「TPPは第3の不平等条約」 前日本医師会会長・原中 勝征氏
講演3「原発事故状況下における本県漁業の現状」福島漁連会長 野崎 哲氏

2日目 テーマ別分科会 
第1分科会「アベノミクスと地方経済」
第3分科会「国と地方のねじれ TPP、原発、安保・防衛問題」(2含む)
第4分科会「地方交付税改革を考える」

3日目 各省庁への要請書提出

◆福島原発の汚染水流出に対し、国主導での対策確立を求める要請書
(経済産業省・原子力規制委員会)

◆TPPに関する国会決議等を遵守し、国民への情報開示と日本の国益を優先することを求める要請書(内閣官房・TPP政府対策本部)

板倉みさお

◆米軍ヘリコプター墜落事故に抗議し、日米地位協定の抜本改正を求める要請書(防衛省・外務省)

板倉みさお
板倉みさお